ページ内を移動するためのリンクです。

ヤンマー健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

健康保険組合のしごと

 健康保険組合は「保険給付」と「保健事業」という二つのしごとをしています。

保険給付 ~医療給付を中心に~

被保険者や扶養家族である被扶養者の病気、けが、出産、死亡などのとき、医療費を負担したり、いろいろな給付金を支給することです。これは健康保険の生まれた直接の目的である大切な仕事です。
保険給付には、法律で定められた法定給付と、私たちの健康保険組合が独自に行う付加給付の二つがあります。

保健事業 ~健康づくりのために~

被保険者とその被扶養者のみなさんの健康の保持増進をはかる事業です。
健康にまつわる情報の提供、病気の予防、スポーツのすすめ、療養環境の向上、保養所の運営などを行っています。
保健事業の一環として、健康保険組合は加入する40歳以上75歳未満の被保険者および被扶養者に対して、メタボリックシンドロームに重点を置いた健診の実施と健診結果に基づく保健指導を実施する義務があります。