ページ内を移動するためのリンクです。

ヤンマー健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

保険料

健康保険では、被保険者一人ひとりの収入(給料や賞与)に応じて保険料を納める総報酬制が導入されています。
保険料は、標準報酬月額および標準賞与額に下表の保険料率を乗じて計算されます。
一般保険料のうち、後期高齢者医療制度への支援金や前期高齢者医療給付のための納付金など、高齢者医療を支えるために使われる保険料のことを特定保険料といい、この残りが加入者の保険給付や保健事業などにあてられます。

平成31年3月
現在
一般保険料率 介護保険料率
  特定保険料率
被保険者負担率 39.24/1000 18.347/1000 8.00/1000
事業主負担率 50.76/1000 23.733/1000 8.00/1000
合計 90.00/1000
(調整保険料率を含む)
42.080/1000 16.00/1000
(40~64歳の被保険者は負担)
  • ※育児休業期間中の保険料については、事業主の申し出により被保険者負担分・事業主負担分ともに免除されます。
    また、平成26年4月1日より、産前産後の休業期間中についても、申し出により保険料が免除されます。