ページ内を移動するためのリンクです。

ヤンマー健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

生活習慣病予防健診補助

被保険者

  • ※扶養家族(40歳以上)については下記参照

(1)社員本人について、事業主が年1回実施している健康診断で健診費用の補助を行います。

定期健診費用は全額、健保および事業主が負担します。ただし、一次健診におけるオプション検査(内容は事業主が決定)は自己負担となります。

健診項目 内容 対象者
年齢は当年度(4月1日~翌年3月31日)末時点の
満年齢
健保補助額(税込)
生活習慣病健診 一次健診 満30歳、35歳および40歳以上の被保険者
(内、満40歳、45歳、50歳、55歳、60歳を除く)
12,000円限度
日帰り人間ドック 満40歳、45歳、50歳、55歳、60歳の被保険者
(注1)
健診費用全額を補助
(ただし、事業主の
契約病院のみ)(注2)
大腸がん検診 便潜血反応 生活習慣病健診対象者 2,100円限度
乳がん検診 マンモグラフィー
OR
エコー
生活習慣病健診対象者で満30歳・35歳と満40歳以上の女性 どちらかの検査を全額補助
子宮頸がん検診 子宮頸部細胞診
(医師採取 OR 自己採取)
全年齢の女性(年齢制限なし) どちらかの検査を全額補助
XMLデータ作成費用 XMLデータの作成にかかわる費用
(発生する場合のみ)
全被保険者 全額補助
  • ・上記は、被保険者(社員本人)対象です。基本的に補助申請は、事業主から健保に対し行います。
  • ・実施要領は、各事業主の実施スケジュール、同要領によります。詳細は事業主(YBS代行)発信の公式文書を参照願います。
  • ・(注1)日帰り人間ドックの案内は、本社、東京、長浜、米原、尼崎については、YBSまたは各総務部門から行われますが、上記以外の地域の対象者に対しては、ヤンマー健保が委託した外部業者から直接案内があります。
  • ・(注2)事業主の契約病院は、健保の人間ドック契約病院とは異なります。
  • ・保険診療(保険証を提示し、3割を自己負担)された場合は健保からの補助はありません。
  • ・婦人科検診について、定期健診以外で婦人科検診を受診された場合、「」にて申請してください。
  • ・補助は健保組合年度(4月1日~翌年3月31日)内に1回とします。
補助申請方法 事業主から健康保険組合への補助申請(各事業所窓口担当よりヤンマー健康保険組合へ申請します)。
健診終了後、下記必要書類とともに、健診機関の請求書のコピーと、40歳以上の方の特定健診結果(国が指定するXMLデータまたは紙結果コピー)を添付して申請願います。また、同一事業所で定期健診を受診した補助対象外の年齢の被保険者の結果も同封してください。(2018年各健保事業所と健診データの共有についての覚書を締結済み)
必要書類

日帰り人間ドック(満40歳、45歳、50歳、55歳、60歳)は、以下の書類で補助申請してください。

必要書類

(2)任意継続被保険者の方

対象者 40歳以上の任意継続被保険者
実施要領 市町村や一般の医療機関で実施している健診(特定健診項目がすべて含まれている健診)、または、6月に健保から発送する「特定健診受診券」をご利用ください。
健診費用 当健保からの健診費用補助限度額は12,000円(消費税込)です。
健診費用補助申請 受診終了後、『』に領収証(原本)と特定健診結果表(写)を添えて、当健保まで申請願います。
  • ・健保から郵送した受診券、または、巡回型家族健診(女性のみ)を利用される方は、当日の支払いは不要です。なお、所定の健診項目以外を受診された場合は、窓口で追加分をお支払いください。詳細は郵送案内をご覧ください。
  • ・保険診療(保険証を提示し、3割を自己負担)された場合は健保からの補助はありません。
  • ・補助は健保組合年度(4月1日~翌年3月31日)内に1回とします。

被扶養者

  • ※40歳以上(当健保組合年度末時点の満年齢)の被扶養者の方が補助対象となります。40歳未満の被扶養者には補助はありません。

(1)特定健診(受診券型)… 当健保より郵送案内します。

対象者 40歳以上の被扶養者
実施期間 毎年6月~11月末
受診要領 特定健診受診券(Aタイプ・Bタイプ両方とも適用)により、契約医療機関で受診します。
健診結果 受診された医療機関から受診券に記入した住所に送付されます。
健診費用 特定健診費用は、全額健保が負担します。
  • ※受診券では、特定健診項目以外の検査は受診できません。特定健診以外の項目を受診された場合は、窓口でのお支払いが必要ですが、生活習慣病健診項目の場合は、窓口で精算されたあと、にて申請してください。健保が費用を補助します。また、婦人科健診(乳がん、子宮がん)についても健保が費用を負担しますので、郵送の案内をお読みのうえ、ご利用ください。
  • ※受診券は有効期限(11月末日)内でないと利用できません。必ず有効期限内に受診願います。

(2)巡回型家族健診(特定健診含む)… 当健保より郵送案内します。

当健保が委託している業者の契約医療機関が全国各地で開催する健診を受診します。会場と受診日を予約してください。
選択検査(胃部、胸部、乳房、子宮、大腸がん検査)が同会場にて受診可能です。乳房、子宮検査費用は健保で全額負担しますが、胃部、胸部検査については一部自己負担が必要です。

対象者 40歳以上の被扶養者(女性のみ)
実施期間 毎年6月~翌年3月頃(健診機関・会場のスケジュールにより変動)
受診要領 希望する健診会場・受診日を申し込み、健診書類を受領してから健診会場にて受診します。
健診結果 各実施医療機関より健診結果をご自宅に郵送します。
健診費用 基本検査については、全額健保が負担します。選択検査項目については上記のとおりです。
  • ※(1)受診券と(2)巡回型家族健診のどちらかを受診してください。両方の受診はできません。
    (1)(2)を受診せず、パート先や市町村で特定健診を受診された場合は、健診結果のコピーを当健保へお送りください。QUOカードPayを差し上げます。詳しくは、郵送案内をご覧ください。

(3)郵送型大腸がん検診 … 当健保より郵送案内します。

当健保が委託している業者へ検体を郵送して検査を受ける自己採取型の検診です。
(上記(2)巡回型家族健診の大腸がん検査を受診される場合は、受診できません。)

対象者 40歳以上の被扶養者
実施期間 毎年8月末までに申し込み
受診要領 検診申込票を委託業者に郵送すると、検査キットと問診票が送られてきます。検体を自己採取し問診票とともに郵送します。
健診結果 委託業者より健診結果がご自宅に郵送されます。(検体提出後、約2週間)
健診費用 全額当健保が負担します。

(4)生活習慣病健診補助

上記(1)、(2)、(3)を受診せず、市町村実施の健診や一般の医療機関で受診した健診(特定健診項目を含む)に対して、健診費用の補助を行っています。

対象者 40歳以上の被扶養者
受診要領 任意の健診機関を各自で予約し、生活習慣病健診や婦人科健診を受診します。
  • ※受診回数は健保組合年度(4月1日~翌年3月31日)内にいずれか1回とします。
  • ※保険診療(保険証を提示し、3割を自己負担)された場合は健保からの補助はありません。
健診費用 生活習慣病健診(婦人科健診含む)の補助限度額は6,000円(消費税込)
婦人科健診については、自己負担分は全額健保が補助します。
健診費用補助申請 受診終了後、『』に領収証(原本)と「健診結果表(写)」を添えて、健保まで申請してください。婦人科健診については受診検査項目がわかる明細を添付してください。