ページ内を移動するためのリンクです。

ヤンマー健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

2014年12月17日


健康保険法改正により、「高額療養費」「出産育児一時金」が変更されます

●高額療養費制度の変更について●

 平成27年1月より、負担能力に応じた負担を求めるという観点から、70才未満の被保険者の限度額の基準となる所得区分が3区分から5区分に細分化されます。変更の詳細については、下記PDFをご参照ください。

 ※「高額療養費制度」については、こちらをご参照ください。

 ●出産育児一時金制度の変更について●

 産科医療補償制度の見直しに伴い、出産育児一時金についても見直しされます。

 [改正の内容]

 ・産科医療補償制度における掛け金が「3万円」から「1.6万円」に引き下げとなります。

  但し、年々出産費用が増加傾向にあることから、出産育児一時金については42万円を維持することになります。

  ・平成27年1月1日分娩分から

   産科医療補償制度対象の場合 42万円(現行維持)

   産科医療補償制度対象外の場合 現行39万円を40.4万円

   とする。

                                    以 上